1day トライアルキッチンの体験のご紹介です。まずはキッチンとの出会いから始めてみませんか?

更新日:2021年6月3日




・こどもの背丈に合ったピッタリサイズって、いったいどんなキッチンなの?

・こどもに台所仕事を教えてあげたいけれど、どんなことから始めたらいいの?

・水を使うなら、あちこち水でビショビショになると思うんだけど、大丈夫なの?


inspire kitchen が気になる!という方から、このようなご質問をいただきました!


そうなんです、実際に自宅に置いた時にどんな楽しいことが起きるのかな、といった期待と同じくらいに、いろんな不安がありますよね。


それなら、思う存分キッチンを試してみませんか?とお誘いしたところ、3歳の女の子と

7歳の男の子が1Dayキッチン体験をしてくれましたよ。





まずは、3歳の女の子Mさん。

ふだんからママと一緒にお台所仕事に参加していて、レタスの水切りやお皿洗いのお手伝いをしてくれています。


いろんなお野菜があるんだけど一緒にサラダを作ってみる?と尋ねると、照れながらも

うなずいてくれました。(やった!)


このように、まずは本人の気持ちを聞きながら「やりたい、やりたくない」の意思を大切にしています。同じことを目的にしているなら、気持ちよく参加してもらう方が大人にとっても心地よくスタートできるのでは、と感じます。


準備ができたら、まずはしっかりと手を洗います。手をあらう頻度が多くなったいまだからこそ、お料理のまえに手を洗うことの意味が伝わりやすいタイミングですよね。


そのあとにシンクをササっと洗ってあげて、お水を溜めます。使うお野菜をシンクにいれてみて、ひたひたするくらいまで溜まったら、お水を止めました。


ナイフはまだ使ったことがなかったMさんに渡したのは、波型の切り口が楽しいウェービングカッターです。初めて切る作業をするのであれば、こういった上から押して使うウェービングカッターや、まっすぐな形のバターナイフがお勧めです。


最初から包丁から入るのは指を切ってしまいそうでヒヤヒヤします。ケガをしないためにも、その前のステップから始めてみてください。そして、この段階から指を切らないように指を丸めておくことを意識して、大人が正しい持ち方を繰り返し見せてあげながら完璧にマスターしていきたいですね。




初めての道具ばかりでドキドキしていたMさんでしたが、傍でママがゆっくりとした動きで切り方を見せてあげると、とても真剣にその動きを観察して一生懸命にインプット&アウトプットしていました。この瞬間の表情、集中している顔つき、とっても素敵ですっ!


この日、作ってくれたのは「切って盛るだけの簡単サラダ♪」です。


大人にとっては「簡単サラダ♪」ですが、食べる人数に合った量を切るだけでも、こどもにとっては腕の力やナイフを握ったり、、、とパワーを使う動作が続くので、ふゥ~と疲れてしまいます。