top of page

冬の親子ワークショップを開催しました(Vol.5)



Day2

3才Mさんとお母さまが参加してくださいました。


普段からご飯のお手伝いしてくれるというMさん、初めて出会うキッチンに目が輝きます!


え?これ本当に水が出るよ!

おもちゃみたいに小さいのに、オモチャじゃない!!


ウォーターディスペンサーの水が下の水受けタンクに移動するだけのとてもアナログな仕組みですが、本当に水を出すことができる!ってことが、とってもワクワクするんですよね。


これは、長年インテリア業界で家具のデザインをしてきた私が、子どもサイズのキッチンを作るにあたり、いかに本物にするか?と悩み続けたこだわりなんです。


こんなに喜んでもらえて、嬉しいです!



Mさんによる、2台のキッチンを使った水の移し替え仕事、無限!


無限に続くように思えて、ウォーターディスペンサーの水が無くなったら終わるので、しばらす様子をみます。だって本当に嬉しそうに走り回るMさん! キラキラした笑顔をもっと見ていたくなっちゃいます。


大福作ろうよ~というお母さまの声も届かず、こっちの水遊びの方が面白いよ~♪なMさん。


うんうん、いいよ~

先にお母さまと始めているから、やってみたいと思ったら参加してね~

こんなゆる~いペースが Work in Daily Life ワークショップです♪



白玉液を作って鍋に入れ、火をつけたあたりからMさんの視線を感じます。


おっ?鍋の中で何かが固まってきましたよ!

え?そうなの?私もやりた~い!と、ようやくMさんの興味を引いたみたい。


その後は、キッチンの近くで線路を繋いでいた面白いお兄ちゃん(うちの息子)と遊び始めてしまいましたが、、、まあ、また食べる時に帰っておいで。


ということで、ここからはお母さまと一緒に大福つくりとなりました。

でもこの集中している感じ、大人にとっても大事な時間な気がします・・・


私事ですが、たまに一人で和菓子作りやクリスマスリースなど手先を使うワークショップに参加しているのですが、これがとっても気持ちの良い時間なのです。


自分が初めてのことに出逢い、自分でやってみる、完成する。

それが想像していたより難しくて上手くできなかったとしても、じっくり集中できたことで爽快感さえあります。




少し前に赤ちゃんが生まれてお姉ちゃんになったばかりというMさん。


産後はどうしても赤ちゃんのリズムに合わせた生活になりますし、突然お姉ちゃんになったけどいつも通りにお母さんと遊びたい。でも我慢しなくちゃいけないのもわかってる。


Mさんの心の中ではいろんな気持ちが入り混じっているのでしょうか。


水遊びが止まらないMさんを眺めながら、

「久しぶりにこんなに弾けた笑顔を見れました。」とお母さま。その時とても素敵な表情されていましたよ。


ずっと大切にしていたい瞬間って、忙しく過ぎる日々にふいに訪れるのですね。

キラキラ笑顔のMさんと、愛しそうに眺めるお母さま。そんなお2人の姿に、静かに感動。



ワークショップ後にご感想をいただきました。


・・・・・

◇Mさんお母さま


2時間があっという間でした!

子どもサイズのキッチン、娘も楽しんでおり、大満足です。


今後は、包丁の使い方を教えて少し手の込んだ、季節のお菓子作りなどに挑戦してみたいです。


・・・・・


季節の食べ物にはその由来、願い、戒めなど、いろんなストーリーがあるもの。

そんな話をしながら、美味しい物を作って一緒に食べる時間を大切にしたいですね。


最後に、、、積み上げの天才、現る。(次の写真)

なんでこんなことに?!な発想が、本当に面白いですっ!



Mさん、お母さま、この度はご参加くださりありがとうございました。


台所育児、食育、・・・親になってからより食について知る機会が増えて、その分情報の多さに戸惑うことがあります。


私なりに、一体子育てには何が大切なの?って考えてみたら、一緒に暮らすたった数年で、子どもに何を教えなければいけないのか?という問いに変化していきました。


共に暮らす時間はあっという間で、独り立ちしたら今ほど近くで教える機会がぐーんと減るだろうな。それなら「間違うことを怖がらない方法=間違うことは成功するまでの過程だと知る」そんな経験を積ませたいと考えています。


たくさん、思い切り、間違って、考えて、行き詰って、まわり道して。

さて、そこから諦めずにまた挑戦できるかな?


結局は見守ることしかできませんが、「自分で間違う、自分で気が付く」チャンスを奪わない親でありたいと思っています。しかし、手を離して見守るって本当に難しいことです。


さて、あなたのご家庭ではいかがでしょうか?

大事にしたいことって、お子様に一番伝えたいことってどんな事ですか?


・・・・・


使用したキッチン

3才、Mさん

W85×D45×H60㎝ 


ーーーーーーーーーーーーーーー

inspire kitchen を使ったイベントやワークショップは今後も開催してまいります。

また、自社のイベントに使いたい!というお声もいただいております。日数によってレンタルしておりますので、こちらからお申込みお問合せください。


◇納品事例はこちら




・・・・・・・・・・


※Farrow&Ballの豊富なニュアンスカラー132色はこちらから


こどもキッチンの他、オーダー家具のお問い合わせはこちらへ

(お見積り無料です、お気軽にお問い合わせください。)


・・・・・・・・・・

inspire kitchen

designed by Kiyo SANADA







bottom of page