お仕事は、「段取り8割、本番2割」

更新日:1月17日



すっかりinspire kitchen に慣れてきたL君は、野菜をカットすることが、ただ大人のお手伝いをするというよりも、次第に自分のお仕事に変わっていきました。


あらかじめ半分に切ってもらった林檎、きゅうり、トマト、にんじんを準備して、

それぞれを握りやすかったり、転がりにくくカットして渡してあげると、小さなこどもの手で扱い易くなり、上手に力を使えるようになっていきます。


安全に気を付けながらお仕事が進めていくためには、大人が事前に準備しておく必要がありますが、

「ここまではやるから、ここからはあなたにお願いするね」と、段取りをこどもと一緒に確認することで作業の一連の流れを知ることができます。


作業の段取りを知る、見通しがつく、結果がわかる。

これって、いずれ社会にでた時にどんな仕事をする上でも基盤になることでは?と感じます。


「段取り8割、本番2割」


この言葉は、私が社会人になったときに何度も聞いた言葉です。

この心構えでいると、何か一つの成果を出すために様々なケースを想定して下準備をすることができますし、その準備をしていた結果として、満足のいく成果を上げることができるのではないでしょうか。


いつかこどもたちの心の糧になるような体験を、キッチンを通じて伝えていけたらな、、、と思っています。


inspire kitchen

designed by Kiyo SANADA